クレカ現金化分析コレクション

クレカ現金化分析コレクションは、クレカ現金化を納得いくまで分かることが期待できるウェブサイトとなります。クレカ現金化に関しての疑問がスッキリ解消するということが可能となっているのです! - クレカ現金化の変遷と現状をみる

新着情報

◆2016/01/26
商品券購入がスタンダード、だけどデメリットもあるので注意を新規投稿しました。
◆2016/01/26
業者を介するメリットはあるかを新規投稿しました。
◆2016/01/26
貴金属購入は現金化目的ならそこそこねらい目を新規投稿しました。
◆2016/01/26
家電製品の購入は好きなものに絞ろうを新規投稿しました。
◆2016/01/26
ブランド品の現金化は、個人的な友人知人がカギになるを新規投稿しました。

クレカ現金化の変遷と現状をみる

「お金がない」と冗談交じりに言う人は多いですが、「現金」がない、という切羽詰まった状況になることも経験したことがある方は多いのではないでしょうか。特に、クレジットカードのキャッシング枠がなかったり、使い切っていたりして、「このショッピング枠を現金に換えられたら」と思ったことがある人は多いはずです。
ここで、クレジットカードのショッピング枠を利用してうまく現金を手に入れる「クレカ現金化」について、ちょっと考えてみましょう。

ショッピング枠の現金化の過去

現在「クレジットカードのショッピング枠で現金をお渡しします」といった看板を見たことがある人は多いのではないでしょうか。こういった看板は昔からありますが、昔は実はこういった看板に気を取られる必要はありませんでした。なぜなら、業者を通さなくても「自分で現金化ができる」からでした。自分で買ったものを自分で売るので、余計な手数料をとらえることを考える必要がなかったのです。

どうやって現金化するのか

いちばん簡単で効率が良かったのは、たとえば当時存在した「図書券」などの金券を買って、チケットショップなどで売ることです。チケットショップでの買い取り価格は、高いときだと94%から97%にもなりました。しかも、この種類の金券は普通にクレジットカードで百貨店などで買えたため、業者などに頼む必要もなかったので、5%前後の差額を手数料と考えれば、急場をしのげる即金を手に入れられるというのは、非常にありがたいものでした。

なぜ今はそれが難しくなってきたのか

一つには、クレジットカード会社がカードのショッピング枠を利用しての現金化に、厳しい対応を示すようになってきた、ということがあげられると思います。昔も、図書券などの利用の際は、利用枠に余裕があるにもかかわらず、何度も利用しているとカードの利用不可になることがありました。
今では、図書カードやその他商品券は、最初からクレジットカードで買えないようになっていることが多いようです。ただし、カード会社が発行している旅行券など、一部クレジットカードで購入が可能なものもあります。

□では、クレジットカードの現金化はどのように行えばいいのでしょう

では、クレジットカードの現金化の方法とそのメリット、デメリットについて考えてみましょう。特に間に業者を仲介する場合は、その業者が悪質なところでないように、十分注意する必要はありますね。