クレカ現金化分析コレクション

クレカ現金化分析コレクションは、クレカ現金化を納得いくまで分かることが期待できるウェブサイトとなります。クレカ現金化に関しての疑問がスッキリ解消するということが可能となっているのです! - ブランド品の現金化は、個人的な友人知人がカギになる

ブランド品の現金化は、個人的な友人知人がカギになる

では、ブランド品を購入するのはどうでしょうか。

ブランド品購入のメリット

ブランド品は一般にイメージが良く、贈答用に使われやすいため、カード会社から換金目的と睨まれる可能性は、商品券ほど高くはありません。また、モノにもよりますがうまくすると、買値の7割程度で買い取ってもらえる場合もあるようです。家電製品などと違い、割と気軽に友人同士で売ったり買ったりもできるでしょう。

ブランド品購入のデメリット

ただし、逆にいえば、換金率がそこそこ高いため、商品券類ほどではなくてもカード会社にマークされる可能性があり、特にまとめ買いをした後などは、現金化目的ではないかと疑われて、利用停止になる可能性がわずかにはあるということがあげられます。また、本当に安定している一部のブランド以外は若干相場の変動が激しくなり、思ったより安値でしか売れないということも多いようです。

安定しているブランドは

エルメス、ブルガリ、ヴィトン、シャネルなどは比較的価値が安定しているブランドですが、市場の流通状況とその店の在庫などで買値が変わりますので、素人にはいつどこで売るのが一番いいか、判断するのは難しいようです。また、名前と人気とは直結していない場合も多いようです。

まとめてみると

ブランド品は、相当詳しいか、ブランド品を個人的に売買できるような友人がいれば現金にしやすいですが、そうでもない場合は、控えておくほうが無難でしょう。