クレカ現金化分析コレクション

クレカ現金化分析コレクションは、クレカ現金化を納得いくまで分かることが期待できるウェブサイトとなります。クレカ現金化に関しての疑問がスッキリ解消するということが可能となっているのです! - 家電製品の購入は好きなものに絞ろう

家電製品の購入は好きなものに絞ろう

では、家電製品などを購入してみるのはどうでしょうか。

家電製品購入のメリット

家電製品ですと、限度枠を超えない限り、カード会社からストップがかかったりすることがまずないという安心感はあります。また、現金にはなりませんが、行きつけの家電の販売店などがある場合、たいていはポイントカードがありますので、購入した分がポイント還元されるのも嬉しいいところです。

家電製品購入のデメリット

その代わり、家電製品は、商品券などに比べると売値がかなり低くなるというデメリットがあります。半額がつくことはまずないでしょう。まとまった現金がほしい人にとっては、これは痛いですね。

デメリットを補うには

たとえば友人知人の欲しがっている製品などを買って、直接購入してもらえれば、店で売るよりは高い値段で売れるでしょう。また、自分が本当に好きなもの、たとえばカメラなどで値が張るものを買った場合、質屋で預かってもらうという方法もあります。
質屋の預かり価格はそれぞれ違いますが、たとえば10万円で買ったカメラに7万円つけてくれる質屋なども、探せばあるようです。ただし、出すときには元金に加えて利子も必要になります。

まとめてみると

相対的にみて、現金化する目的でクレジットカードで家電製品を買うことはお勧めできません。また、高額な製品であっても、たとえば顕微鏡など、専門的すぎるものは残念ながら質屋でもあずかり断られることもあるようです。